媒介契約への十分な知識を身に着けてから、不動産会社と契約を結ぶ

いよいよ不動産会社の様々な要因を考慮した上で、選択した会社に正式な売買契約の依頼をします。

この時に媒介契約と呼ばれる契約を結びます。この契約は、売主が希望するサポートを行ってくれる内容であるかとそれに対しての手数料を支払うという内容を明確にする書類なので、自身の意見をきっちりと伝えた上で契約を結ぶようにしなくてはいけません。

この媒介契約には、次の専属専任媒介契約専任媒介一般媒介といった3種類があります。この中から売主が選択できるので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

媒介契約の意義については、不動産の売却を進めていく中で、私は、そういった認識をしていなかったというような問題を売り手と買い手が互いに発生させないようにできるということがメリットと言えます。

事前に契約を結ぶことにより、売り手と買い手の信頼関係をより強いものとすることが出来ますし、いざ不動産を売りに出してから、この結ばれた契約に沿って不動産売買取引が行われることになりますので、売り手側にとっては、とても大切なものと言えます。

媒介契約は、依頼を受けた不動産会社が締結することを法律で決められているものです。まず最初に専属専任媒介契約についてですが、これは仲介業務を不動産会社1社にのみに依頼する契約であり、他社と重複した契約をすることが出来ない規定となっています。

もしも、売主自身が物件購入の希望者を見つけたとしても、専属専任媒介契約を依頼した不動産会社を通すことを義務とされていますので、物件売却において一から十まで全てを不動産会社に一任したいという方は利用されると良いと思います。

次に専任媒介契約についてですが、この契約は専属専任媒介契約とほぼ同じ内容で、1社のみの契約で他社と重複した契約は出来ないのですが、専属専任媒介契約ほどの拘束力はないので、先ほどの売主が物件購入者を見つけた時に不動産会社を通さなくても良いとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です