契約の種類は全不動産会社共通だが、内容は違うこともある

媒介契約には、

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

の3種類あり、どの契約にするかは売主が選択することが出来ます。この契約で不動産会社と売り手の契約が締結されることになるのです。

この契約を締結することで、不動産会社と売り手が不動産の売却活動をスタートさせる一歩となるので、どの媒介契約を選択するかも大変重要となりますし、注意する点なども見逃さないようにしなければなりません。

まずは、不動産会社に売主が希望内容や条件といったことをしっかりと伝えましょう。そうすることによって、不動産会社もどこにサポートを重視するかなどを考慮して販売活動を行ってくれます。

はっきりと具体的な要望を明確に提示することによって、売り手が希望する売却取引が行える可能性が高くなります。

しかし、売り手側からの希望する条件を押し付けるというわけのではありません。不動産会社は豊富な知識と実績があるのですから、いろいろとアドバイスをもらい、幾度も話し合いをしながら信頼関係を築きあげることが、希望する条件での売却に繋がるのではないでしょうか。

売主が希望内容を提示することによって、不動産会社が要望を取り入れたサポート内容を考案し書面を作成します。この内容に基づき契約を結ぶことになるので、内容を十分把握し、自身の要望がきちんと示されているかの確認をしておかなくてはいけません。

不動産会社から提示される要件のまま全てを受け入れても良いというのも、また違ってきます。売り手自身が納得のいく内容部分は受け入れたら良いのですが、そうでないのであれば、再度、要望を提出し、契約前にきちんとしておく必要があります。

不動産会社が提示するサポートの内容としては、専属専任媒介契約と専任媒介契約の場合は、指定流通機構へ物件情報の登録、積極的に広告を宣伝するなどの販売活動、引き渡しのサポートといったことが基本となり、頻繁に販売活動の経過報告があります。

しかし、一般媒介契約の場合は、物件情報の登録をする必要もなく、販売活動を報告する法律上の義務はありません。しかし、業務報告においては確認しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です